キャンプ

初心者キャンパー必見!キャンプを始めるときに必要なもの14選!

昨今はキャンプブームと言われており、各地のキャンプ場も休日になると家族連れが多く見られ、予約も争奪戦となっております。

そんな我が家も、昨今のキャンプブームに乗り、何度かキャンプを経験しました。

初めは道具も何を揃えていいのか分からず、回を重ねるごとに買い揃えていきました。

にしても、初めから必須であるもの、またはあった方がいいものもあるので、それらをご紹介したいと思います。

テント

当然キャンプをするには必須のアイテムです。

トンネル型、A型、2ルーム型。色んな形がありますが、最近のキャンプ場を見ておりますと、やはりオールシーズンで使える2ルーム型が人気のようです。

ただ、こう言えばなんですが、テントは高いお買い物になるので、本当に初心者の方はレンタルでもいいかもしれません。慣れた頃に購入でも全然OKです。ただし、レンタルが可能かどうかは事前にキャンプ場へ確認しておくことが重要です。

ちなみに我が家のテントは「OGAWAのトリアングロ」です。

ポールを立ててタープを張る→インナーテントを吊り下げる。

これだけです。簡単でお洒落なテントなんでおすすめです。人とかぶりませんし。

ペグ(テント固定の杭)

テントやタープ設営時に重要なペグの徹底攻略+おすすめ

キャンプで最もハードルが高いのがテントやタープの設営。 初心者は買ったばかりのテントの説明書や動画を見ながら必死になるものです。 30分以上をかけて設営し、それからテーブル、チェア、BBQの準備と長い ...

続きを見る

これはテントをキャンプサイトに固定するためのものです。意外と重要で、つまらないものを買うなら、初めからそれなりのものを揃えたほうが良いです。おすすめは鋳鉄製の長い物を。

ハンマー

上のペグを打ちつけるものです。鋳鉄製のペグでも打てるよう、頑丈なものを選びましょう。

ランタン

アウトドア・キャンプ・災害時でも本当に使えるおすすめ最強ランタンはこれだ!【決定版】シーン別おすすめランタン厳選

サイトを照らすランタン。それはサイトの雰囲気作りに大きく影響する重要なアイテムです。また、キャンプを安全に過ごすために、シーンにあったランタンの選び方が重要になってきます。 今回はそんなランタンの選び ...

続きを見る

サイト全体を照らすメインの照明が必要です。

コールマンのワンマントルタイプのこれを選択しておけば、まずは問題ありません。ツーマントルのタイプもあって確かに明るいのですが、ランニングコストも倍なので正直そこまで必要ありません。

ガスのタイプも寒いと点きませんので、ガソリンのタイプにしましょう。

寝袋

アウトドア・キャンプで使う寝袋(シュラフ)の選び方とおすすめアイテム!

はじめてキャンプをする人にとって、テントの中で寝袋(シュラフ)で眠るのは未知の体験です。寒くないかな?ちゃんと眠れるかな?と心配するものです。 だが、やってみれば意外と家の布団で寝るのとそれほど変わら ...

続きを見る

こちらは長いシーズン使えるものにしましょう。封筒型のツルツル滑らない素材のものが良いです。意外ときちんとしたものを選ばないと寝るときにストレスになります。

お子さんと使うのに2つを1つにドッキングできるタイプもあります。

テント内の小さいライト(照明)

テント内を照らす小さい照明も必要でしょう。ぶら下げるタイプの物がベストです。

夜のテント内は真っ暗になります。スマホのライトでも良いですが、毎回スマホを探して点けるのは手間です。安い物で良いので必ず1つは用意しましょう。

調理用ガスコンロ

これでもう迷わない!キャンプやバベキューにおすすめ調理バーナーやコンロ!【キャンプにも使える!】

アウトドアやキャンプに欠かせないイベントといえばバーベキューでしょうか! 青い空の下、みんなでお肉を焼いたり、好きな具材を焼いて食べるのはやっぱり楽しいですよね。 バーベキューといっても、蓋付のグリル ...

続きを見る

家庭用のコンロでも良いですが、屋外では屋内と違い風が吹いています。強風時は火が漏れたりしてあぶないので、できればアウトドア専用のものが良いでしょう。防風対策がされたコンロもあるので参考にして下さい。

また、使用するガス缶は下のような冬でも使えるような特別なものにしましょう。

秋口の少し肌寒い時期に行くと、普通のボンベ缶ではお湯も沸かせないほど小さな火になります。これ本当に後悔するのでそうしましょう。

手持ちライト(できればヘッドライト)

外灯がないキャンプ場に行くと、トイレに行ったり炊事場へ行ったりするのに、日が落ちていると闇の中を歩くことになります。手持ちのライトが必要です。できれば手がフリーに使えるようヘッドライトが望ましいです。(炊事場に洗い物をしに行くのに、両手で食器類を持っているかもしれません。)

テーブル

アウトドア・キャンプでのテーブル選びに終止符を!決定最強おすすめテーブル!

以前、キャンプで使用するおすすめのチェアをご紹介させていただきましたが、今回はテーブル編ということで、テーブルの選び方、おすすめ商品をご紹介させていただきます。 キャンプで使用するテーブルにはチェアと ...

続きを見る

ご飯食べるのに必要です。ロータイプとハイのタイプがありますが、それぞれのスタイルに合わせて購入しましょう。私はロータイプで揃えるのをおすすめします。なんとなく落ち着きます。車に積みやすく折りたためるタイプのものがいいでしょう。

チェア

アウトドア・キャンプでのチェア選びに終止符を!決定最強おすすめチェア!

キャンプにはかかせない、アウトドア用のチェアとテーブル。今回はそんなチェアに焦点をあてて解説したいと思います。 まず、テーブルとチェアはスタイルによってそれぞれを合わせる必要があります。 以下テーブル ...

続きを見る

テーブルに合わせて購入しましょう。こちらもコンパクトにたためる方がいいでしょう。

リクライニングのタイプは座りやすく落ち着きますが、食事をする際は後ろにのけぞる格好になるのでおすすめしません。万能なタイプを選択しましょう。

また、素材は焚火の火の粉が当たっても穴が空かないよう、コットンの素材がおすすめです。

クーラーボックス 

厳選!アウトドア・キャンプでのおすすめクーラーボックス決定版!

夏場に限らず、クーラーボックスはアウトドアやキャンプで食材の鮮度を保つためには必需品です。 クーラーボックスには大きく分けて、ソフトとハードと2タイプがあります。 携帯性を重視するソフトタイプ。 軽量 ...

続きを見る

言うまでもなく、食材を保存するのに必要です。これはピンキリですが、やはり高いものほど保冷力は高く、サイズも大きいものが多いです。初めはこれでいいやと・・・と安いものを購入しますが、結局は保冷力が高いものが欲しくなるのがオチです。我が家がそうです。

予算の許す方はできるだけ高性能なものを購入するのをおすすめします。

プラスあったらいいもの

焚火台

厳選!本当に使える焚火アイテムはこれだっ!【決定版】

キャンプの中で一番楽しみなイベント。そう!焚火です! 都会を離れ、非日常の静かな自然の中で薪を燃やす焚火。 炎をぼーっと眺めるだけで癒やされる贅沢な時間はキャンプの醍醐味ではないでしょうか。 焚火は暖 ...

続きを見る

キャンプといえばこれでしょう。夜は焚火を囲んで、火が燃えるパチパチという音を聞きながらお酒を呑んでたそがれる。これぞキャンプ!これをしたいがために私はキャンプに行きます。

おすすめは折りたたんで小さくなる。そして洗いやすいもの。それでいてカッコいいもの。この洗いやすいものていうのがなかなかないのですが、このコールマン製のものであれば、本当簡単に洗えますのでおすすめです。

ホットカーペット

春先、秋、冬のキャンプには必須です。電源サイトを予約した際は必ずといって良いほど持っていきます。マイナス5度のキャンプを経験しましたが、中にこれを敷いてその上に寝袋を敷いて寝ます。ぬくぬくです。2畳ぐらいのものであれば問題ないでしょう。マイナス5度とは言いませんが、肌寒いときにもあるとすごく重宝します。

ポータブル扇風機

夏場は重宝すると思います。ただ、扇風機はないよりあったほうが100倍マシだとは思いますが、これに加えてタープを遮光性の高いものにするとか、通気性の高いテントにするとかいう工夫をされた方が夏場を快適に過ごせると思います。

キャンプ用品はこだわるとどんどん物が欲しくなる類の趣味です。

上を見ればキリがないですが、予算が許す範囲で買い揃えるのが大事です。

何よりもキャンプ場で作る思い出が一番の宝物ですからね。

それでは、素敵なキャンプライフをエンジョイしてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
NoBu

NoBu

キャンプを愛してやまない建築士 / 初心者から上級者のキャンパーまで、お役に立てる情報を発信できればと思っております。 / その他投資や節約、資産作りなどにも力を入れております / https://noblog.org

-キャンプ
-, ,

Copyright© NoBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.