ライフ

ストレス社会の代名詞。過敏性腸症候群(IBS)との付き合い方と体験談

何かの発表前に緊張したり通勤する朝などに、急にお腹が痛くなって下痢になったりしたことはありませんか?

それはIBS(過敏性腸症候群)と言われる病気かもしれません。

見た目は普通の人となんら違いはありません。

ただし、この病気の診断を受ける多くの人が、排便や腹痛といった大きな不安を抱えて生きています。

私もそうでした。いや、そうです。完全には治っていません。

性格的なものが要因で引き起こされる病気なので、今でも完全には治らないと思っています。

ただ、うまく付き合いながら緩和することは可能だと思っています。

ストレスが原因と言うが、トイレに行きたいと思う衝動自体がストレスであり、それが無限ループのようにグルグル回り続ける。

この病気を発症した方へ、私の経験談も踏まえながら、少しでもこれをご覧になられている皆様のお役に立てればと思います。

IBSの特徴

この病気が厄介なところは、人にはこの辛さが分かってもらえない点があげられます。見た目も健康な人と比べて何一つ変わりません。

また恥ずかしくて人にはなかなか言い出せないこともあります。

ただ、単純にお腹が弱くて神経質な人というイメージが強いでしょう。

・どこに行ってもトイレの有無・位置を確認してしまう。

・バスや、トイレが付いていない電車には乗りたくない。(新幹線ならトイレがあるから大丈夫)

・長距離を車で移動するのが不安。特に高速道路は嫌だ。(意外と一人で行くなら大丈夫。最悪漏らしても誰にもバレないから。)

・仕事の打合せ前には必ずトイレに行かないと落ち着かない。

・会社の上司や同僚と外出する際は、出発の直前までトイレにこもっている。

会社の出勤前にはトイレを済ませてから行く

電車に乗ってる間にお腹がギュルギュルなり途中下車する。

また途中下車するかもという恐怖観念にとらわれ、乗換や電車に乗る前にトイレに行くような習慣になってしまう。

快速や急行に乗りたくなくなる。

出発時間を早めて出勤するようになる。

万が一漏らしたときのように、タオル・替えのパンツ・ズボンを持ち歩くようになります。なので、荷物がどんどん大きくなります。

こうして、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)生活の質が低下してしまう。

もう朝はトイレのことしか考えられない!という事態に陥るのです。

治すには「ま、トイレに行きたくなったらそのときに降りてまた行けばいいや」「家を出る前にしてきたから大丈夫」と気軽な気持ちで考えることができれば解決に向かっていきます。

とにかく気にしなくなることが一番です。

ただ、私もそうでしたが、これがなかなかできないのです。簡単そうなのにできないのです。自分の性格が本当に嫌になりました。

IBSへの対処法

YouTubeやマンガ・本など、トイレのことを気にしないような、気が紛れることをします。

薬をお守りとして持ち歩く。

精神が安定するようなクラシックやヒーリングミュージックなども聴いて通勤しましたが、あまり効果はなかったです。

下痢止めストッパ(市販薬)

水無で飲めるので重宝します。CMのように電車の中で気兼ねなく飲めるのでお守りには最適。

以下病院で処方されるものなので、当然病院に行かないと手に入りません。また、基本的には対処療法なので、病気の根本を治すものではありません。自分には何が合っているのか、お医者さんと相談しましょう。(※副作用もあるので注意が必要です。)

ロペミン

腸管の神経に作用することにより、腸管の運動を抑制したり、水分の腸管吸収を促進します。

昔からある強力な下痢止め。

イリボー

効き目が強いので、これは重宝しました。

遠心性神経のセロトニン5-HT3受容体に拮抗することによって下痢を改善し、求心性神経のセロトニン5-HT3受容体に拮抗することによって腹痛を改善する。

これが一番効きます。もう私の中での神通力です。効き目も長いのでこれが最も重宝します。ただし、薬価代が高かった気がするします。まぁ、神通力ですから多少高くてもとにかくありがたかったです。

トランコロン

腸管神経に作用し腸の異常な運動を抑える薬。

それなりに効きましたが、イリボー程ではない。

この他にもお薬はたくさんあるかと思います。基本的に私は下痢型だったので上記のようなお薬を処方していただきましたが、症状によっては様々なお薬があるでしょう。繰り返しになりますが、まずは胃腸科を受診されて医師と相談されるのが最善だと思います。

まとめ

  • まずはお医者さんへ相談しに行く(治す努力をする)
  • 市販薬のお守りを持っておくと安心(対処療法なので根本的な解決にはならないが、気持ちは落ち着く)
  • ストレスを溜めない。(難しいことですけど、違うことを考えることで少しは紛れます)

この病気で悩んでいるのは、決してあなただけでないということを忘れないでください!

良い人生を歩んで行けるよう、みなでがんばって乗り越えていきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
NoBu

NoBu

キャンプを愛してやまない建築士 / 初心者から上級者のキャンパーまで、お役に立てる情報を発信できればと思っております。 / その他投資や節約、資産作りなどにも力を入れております / https://noblog.org

-ライフ
-, , ,

Copyright© NoBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.