キャンプ

アウトドア・キャンプで使う寝袋(シュラフ)の選び方とおすすめアイテム!

はじめてキャンプをする人にとって、テントの中で寝袋(シュラフ)で眠るのは未知の体験です。寒くないかな?ちゃんと眠れるかな?と心配するものです。

だが、やってみれば意外と家の布団で寝るのとそれほど変わらないことに気づきます。ただし、それは適切シュラフを選定し、快適な寝床を用意できたときに限ります。

はじめて購入する寝袋って何を基準に選んでいいのかよくわからないのだけど?

寝袋のことをシュラフって言うんだけど、大きくわけて2種類のタイプがあるよ。それぞれの特徴を詳しく解説するね。

シュラフの種類

封筒型(レクタングラー)

手軽に使えるオートキャンプ向きの封筒型

四角い布団を半分に折りたたんだデザイン。化学繊維のものが多く、羽毛仕様のマミー型よりも安価。

洗濯でき、手軽に使え、寝心地も良い。重くかさばるのでオートキャンプ向き。

封筒型は側面にあるファスナーを開けることで分離が可能。そのため、封筒型2つで連結させて大きくして小さいお子さんと入ったり、敷布団+掛布団として、家で使うような布団のように使うことも可能です。

個人的にはシュラフの表面がツルツルしていると寝ているときにずれてしまうので、できれば肌触りが綿に近いような素材を選ぶと快適でしょう。

また、中綿が化学繊維のものは洗濯でき扱いやすいのが特徴です。

オートキャンプなら化学繊維の封筒型を選んでおけば間違いはないでしょう。

マミー型

保温性が高く軽い。登山キャンプ向き。

体に沿った形状。フード付きなので頭まですぽっりかぶれて、外気が入り込みにくく保温性が高い。

羽毛を使ったものが多く、高額だが軽量、コンパクト。登山用のシュラフとして人気。

 

これ以外にも、「人型」や「卵型」といったタイプもありますが、主流は上の2タイプなので、用途に応じてどちらかを選べば大丈夫でしょう。

メーカーの推薦の温度表示には要注意!

メーカー推奨の「コンフォート温度(メーカー推奨の快適温度)」や「リミット温度(メーカー推奨の耐久温度)」で使用すると、思いのほか寒く感じることもあります。初心者はオーバースペック気味の方が安心できます。表示温度より5℃〜10℃高い外気温で使えるものを選びましょう。暑くても調整すれば眠れますが、寒いとなかなか寝付けず朝を迎えてしまったなんてことになりかねませんからね。

シュラフ以外の寝床を快適にするアイテム

シュラフの他にも、寝床と作る上で重要なアイテムがあるんだ。それらがないと快適に眠れなかったりするんだよ。

シュラフを揃えるだけでは快適に眠ることができないっていうこと?

他には何が必要になってくるのかしら。

スリーピングマット

スリーピングマットは、シュラフの下に敷くマットレスの役割を果たします。

地面から受ける寒さや、凸凹の影響を減らし、寝心地をよくする効果があります。

最後にシュラフを敷けば、安眠できる快適なテントが完成します。

初心者にオススメなのは、暑さとコンパクト性を備えた快適なインフレーターマット

発泡マットやエアマットは慣れないと寝にくいですが、エアマットはサイズが最小。エアベッドの収納も意外とコンパクトになります。

グランドシート

晴れている日でも一晩使用したテントの底が濡れているのは、地面からの湿気や結露が原因です。

それを防ぐためにグランドシートを使用します。

この上にテントを張ると汚れや破損を防ぐ役割を果たしてくれます。

 

上手に寝床を作れるようになると、キャンプも一段と快適になります。

皆さん工夫して快適なキャンプライフをお過ごしください!



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
NoBu

NoBu

キャンプを愛してやまない建築士 / 初心者から上級者のキャンパーまで、お役に立てる情報を発信できればと思っております。 / その他投資や節約、資産作りなどにも力を入れております / https://noblog.org

-キャンプ
-, , , ,

Copyright© NoBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.