キャンプ

アウトドア・キャンプ・災害時でも本当に使えるおすすめ最強ランタンはこれだ!【決定版】シーン別おすすめランタン厳選

サイトを照らすランタン。それはサイトの雰囲気作りに大きく影響する重要なアイテムです。また、キャンプを安全に過ごすために、シーンにあったランタンの選び方が重要になってきます。

今回はそんなランタンの選び方、おすすめランタンをご紹介いたします。

シーン別ランタンの選び方

ランタンには大きくわけて4種類のランタンがあります。光量や扱いやすさを表で表すとこのようになりますが、それぞれ一長一短の特徴がありますので、後ほど個別に解説したいと思います!

種類光量扱いやすさ
ガスランタン★★★★★★★★☆☆
ガソリンランタン★★★★★★☆☆☆☆
灯油ランタン★★☆☆☆★★★☆☆
LEDランタン★★★☆☆★★★★★

初心者にも扱いやすい、ガスランタン

光量が多いマントルというものを使って発光させるタイプのランタンです。燃料はガス缶を使用します。

このマントルというのは綿素材でできている布のような袋状のもので、素焼きして使用します。これ自体が発光するのですが、すごくもろく壊れやすいので手で触れないようにしましょう。

燃料となるガス缶にも2種類あってCB缶(カセットボンベ用)とOD缶(アウトドア用)があります。

CB缶は自宅でお鍋をするときに使用するボンベ缶を思い浮かべてもらえればOKです。※OB缶でもOD缶に近い仕様のものも発売されております。(SOTOなど。)

OD缶はアウトドア用のボンベ缶で、屋外で10℃以上のシチュエーションで使用できます。10℃以上と言ったのは、逆に10℃以下では火が弱くなったり点かなかったりします。

このため、肌寒い時期にキャンプ等をする場合は必ず燃料系だとガソリンランタンにしましょう。

ガスランタンは光量は多いですが、寒さに弱いと覚えておきましょう。

光量が大きくて頼りになる、ガソリンランタン

サイト全体を照らすメインとなる照明に一番向いているランタンです。主にホワイトガソリンを使用します。こちらもガスランタンと同様にマントルを使用して発光します。

ホワイトガソリンはガソリンスタンドで扱っているガソリンとは違うので注意しましょう。

ガスランタンと違い、着火させるときにポンプに圧をかけなければいけません。また、ガソリンをタンクに入れる手間などが発生します。

キャンプに行くときは、ガソリンとマントルの予備は必ず持って行きましょう。

光量が高く、キッチンの周りはガソリンランタン+手元にLED照明を配置すればストレスなく食材の調理や料理ができるでしょう。

ガソリンランタンはガスランタンと同様に光量は多い。寒さにも強いが、やや手間はかかる。

手間はかかるが雰囲気作りにはピッタリ、灯油ランタン

雰囲気作りにはかかせない灯油ランタン。正直光量は小さく、手間もかかります。

だけど、この灯油ランタンを愛用をしているかたはたくさんいらっしゃいます。

それは何故か。ゆらゆらとゆらめく炎はキャンパーでなくても癒やされるでしょう。家で使うのも全然ありだと思います。

ガソリン同様に灯油を入れたり、芯を燃やすので交換する必要はあります。手間は確かにかかりますが、それ以上にキャンプをしている!という雰囲気を味わえるので。1つは持っていて欲しいランタンです。

こちらキャンプ芸人のヒロシさんも愛用の「FEUERHAND(フュアーハンド) ランタン 276 ジンク」です。使えば使うほど味がでてきて、キャンパーにはたまらない渋さがでてきます。色も豊富にあります。シルバーが一番味がでやすいのかもしれませんね。値段もシルバーが一番お安いです。

光量は少なめ、だけどそれは気にしない。このゆらめく炎はキャンプの醍醐味の一つでもあるので。

ヒロシさんも愛用!おしゃれなオイルランタンといえフュアーハンドランタン!(FEUER HAND)ベイビースペシャル276

          この投稿をInstagramで見る             &nbsp ...

続きを見る

最も安全でお手軽な、LEDランタン

サイト全体を照らすも良し!テントの中に吊るして使うも良し!万能で今最も使いやすいランタン。それがLEDランタンです。

スピーカーが内蔵しているタイプもあったり、分解でき手元の照明としても使えるものがあったりと、とにかくバリエーションが豊富です。大きさも輝度も様々なものがあります。

ただし、サイト全体を照らすには少し物足りない部分もあります。(光量が多いものもありますが、電池を多く消耗したりとランニングコストとしてはあまりよろしくないです。)あと、雰囲気作りとしてはやはり燃料系のランタンには敵わないというのが正直な感想です。

LEDランタンは他のランタンに比べて使い勝手は申し分ないので、いくつか用意しておいた方がいいでしょう。

テントの中に吊るすライトとしては、燃料系だとテントに引火する恐れがあるので、やはりそこはLEDランタンの方が安全です。

また、キャンプ用ではないですが、こういうキャンドル用のLEDもあります。屋外でも使用できます。これは何に使用するのかというと、下の写真のようにテントにはガイロープというテントのサイドに張り綱があります。これは夜見えなくなるので、子供はもちろん大人もつまずいて大変危険です。

このガイロープの足元にこういうキャンドル型のLEDを配置しておくのです。雰囲気も出て一石二鳥です。しかも夜点ければ朝には自動で消える。また次の日の同じ時刻になると点くという機能のものもあります。大変便利ですのでおすすめです!

使い勝手は抜群!大きいものから小さいものまで、いくつか用意して持っておいたほうがいいでしょう。

その他の照明器具

番外編としてこのクリップライトをご紹介します。上の写真のテントの頭頂部で光っているのが、このクリップライトです。テントのメインポールに掴んで固定しています。

白熱電球なので、本体と合わせて1000円もかかりません。それでいて明るい。

電源サイトを使用するのであればこちらもおすすめです。このときはメインランタンは使用せずに、このクリップライトを使用しておりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ランタンといっても様々な仕様のものがあり、シーンに適したランタンを選ぶことが重要です。

また、サイトのメインランタンを吊るすのに専用のランタンスタンドを1本は用意しておきましょう。

ガソリンランタンなどを吊るすランタンスタンドは、足を引っ掛けて大やけどなんてことは避けなければならないので、絶対に安全なものでなければなりません。こちらのスノーピーク製のパイルドライバーなら、地面に打ち込んで使用するので、余計な足がなくひっかかりません。

ランタンを吊るすスタンドを購入するのであれば、これ一択!といっていいほど良い製品です。

初めの1本はこちらを購入されることを強くおすすめします。

ランタンはキャンプはもちろん災害時でも役に立つアイテムです。そして、キャンプをする上ではランタンは必ず持っていかなければならないものです。しかもファミリーキャンプをするのであれば1個というのはNGです。

メインランタン+LEDランタンなど組み合わせる必要があることは覚えておきましょう。



日本初のキャンプ場予約サイト【J-outdoor】



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
NoBu

NoBu

キャンプを愛してやまない建築士 / 初心者から上級者のキャンパーまで、お役に立てる情報を発信できればと思っております。 / その他投資や節約、資産作りなどにも力を入れております / https://noblog.org

-キャンプ
-, , , , ,

Copyright© NoBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.