キャンプ

これでもう迷わない!キャンプやバベキューにおすすめ調理バーナーやコンロ!【キャンプにも使える!】

アウトドアやキャンプに欠かせないイベントといえばバーベキューでしょうか!

青い空の下、みんなでお肉を焼いたり、好きな具材を焼いて食べるのはやっぱり楽しいですよね。

バーベキューといっても、蓋付のグリルで焼くのか、炭火焼のオープンなタイプのグリル台を使うのか。

それともアウトドア用のガスコンロを使うのか。

ニーズは様々ですし、だからこそグリルやバーナー選びは重要ですよね。

今日はそんな迷った時に参考になるようなアイテムをご紹介します。

バーベキューのグリルサイズは参加人数で決めよう!

バーベキュー台を選ぶ際には、参加する人数を想定して選ぶのがベストです。

大きすぎてもそれだけ炭や燃料が必要ですし、小さすぎると回転率が悪くなってなかなか焼けないなんてことになってしまいますね。

信頼のユニフレームのグリル台であれば、本体も足もしっかり安定しています。耐久性とコンパクト性を追及したデザインとなっております。

どんな料理を作るのか?バーベキューだけがキャンプの料理じゃない!

キャンプではお鍋をしたり、煮込み料理をしたりと、様々な料理をするのも楽しみの一つです。

そんなとき活躍するのがバーナーです。

バーナーには口が2つ並列にある2口バーナー。

単純にツーバーナーあれば、ご飯を焚きながら他の料理ができるなど、並行して料理ができるのが最大のメリットです。

大人数でキャンプやアウトドアをするときには大活躍します。

ツーバーナーはスタイリッシュなデザインなものが多いので、キャンプサイトにも映えるでしょう。

折りたたんでコンパクトになるシングルバーナーもあります。

特にこういうタイプのバーナーは収納後は直立するので、キッチンスペースでも収納場所をとらず、バッグにも納まるコンパクトなサイズになるのでおすすめです。

そして、アウトドア用で風に強く作られているコンロなど様々な形のものがあります。

このイワタニのタフまるのような形状であれば、空気は通しますが風は通さない仕様になっています。

まさにアウトドアのために生まれてきたコンロです。黒いボディですので、ステッカーを貼って使っても最高にオシャレですよ。

ツーバーナーは値段が高い。そんな毎回2口もいらないなんて人は、このタフまるを2台持っていけば全てが解決します。

そして燃料となるガス缶の種類にも気をつけましょう。

ガス缶には一般的に家庭で使用するCB缶とアウトドア専用のOD缶の2種類があります。

OD缶はアウトドア専用なので、やはり一般的なCB缶と比べると割高にりますし、専門店でしか手にはいりません。そして使用する器具も専用のものになります。

それに比べ、CB缶は町のスーパーでも手に入るよく見かけるガス缶です。値段も安いです。

しかし、このCB缶で注意しなければいけないのが、着火温度です。

一般的にスーパーで売っているCB缶は10度以下程度になると火が極端に小さくなったり点かなくなってしまいます。

安いからといって、これだけ持って行っていざ使うときに火が点かないなんてことになりかねないです。

ですので、できれば若干割高にはなりますが、キャンプにはOD缶か低温でも使用できるCB缶が販売されていますので、必ずそれらを持っていくようにしましょう!

グリル台やバーナー以外にも気を配ってみよう

ロゴスのアルミホイルならバーベキューあとのお掃除も楽々です。

グリルの底に敷いておけば、終わったら丸めてポイするだけです。

通常のアルミホイルであれば、炭の熱でアルミホイルを貫通してしまうかもしれません。

それに比べ、このアルミホイルは3倍ぐらいの厚みがありますので、熱にも強いです。

最後に

ガスバーナーやグリル台はキャンプやアウトドアで料理をする上では大変重要なアイテムです。

そして火を扱うアイテムのため、安全に長く付使えるものでなければなりません。

安いからと値段だけで決めるのではなく、しっかりと品質を見極めて購入する必要があることは忘れないで下さい!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
NoBu

NoBu

キャンプを愛してやまない建築士 / 初心者から上級者のキャンパーまで、お役に立てる情報を発信できればと思っております。 / その他投資や節約、資産作りなどにも力を入れております / https://noblog.org

-キャンプ
-, , ,

Copyright© NoBlog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.